知ってるとお得!洋服買取サービスのナイスな利用法

仕組みはこんな感じ

まずは買取の仕組みを見ていきましょう。

実は、お店によって買取の仕組みはさまざまなんです。
店舗でのみ請け負っているところもあれば、ネット買取メインのところもあります。
そしてお店とご自宅の距離によっては、出張買取も行ったりもしています。
なので、大量の衣類を売りたいときには、そういったサービスを利用するのもいいでしょう。

また最近は、定期的に地域を回って、買取に応じる業者も増えてきています。
その場合は、事前にお店のホームページや宣伝の電話、そして各家庭に配るチラシなどで告知していますので、要チェックです。

こうしてみると、洋服の買取と一言で言っても、いろんな方法があるし結構便利だということに気づかせてくれますので、あまり警戒しなくても大丈夫でしょう。


店舗での流れ

次に、お店に直接持ち込んだケースの流れを見てみましょう。

まず来店したらすぐ、レジや買取専用のカウンターに行って、受付を済ませましょう。
そこでは、商品を引き渡したと同時に、番号札を渡されるのでそれを持っておきましょう。
その番号が、あなたの持ち込んだ洋服を指すになります。

そこから商品の査定が始まります。
ものや量にもよりますが、査定にはだいたい15~20分ほどかかります。
その間は、店内を見て歩くなどして時間をつぶしておきましょう。

査定が終わると、店内放送で呼び出されます。
もちろんさっきの番号札の番号です。
カウンターに行くと、すでに金額が提示されています。
その金額に納得したら、書類にサインをして、買取成立です。
ちなみに、サインのときは免許証などの身分証明書が必要になります。
なぜかと言うと、後々トラブルにならないようにするためです。


洋服買取サービスの便利なところ

この記事をシェアする