どんな洋服が売れていくのか

ブランド品とノーブランド品

売りたいもしくは不要になって処分しようかと思っている洋服の中には、有名なブランド品が含まれているというパターンが結構あります。
その場合には、こんな手があります。

一番いいのは、ブランド品を多く取り扱っている店舗に持ち込むところです。
お店としては、そのブランドがどれくらいの価値があるのかというのがきちんとわかっています。
なのでもちろん、丁寧に審査して買い取ってくれます。
そんなお店が見つからない場合は、都市型のお店に持ち込むと、高めの値段で買い取ってくれることもあります。

では、ノーブランド品ならどうなんでしょうか。
その場合は全国チェーンの有名店だと、敷居が低いので持ち込みやすいでしょう。
もしくは都市型とは逆の郊外型のお店が、意外にも結構な値段で引き取ってくれます。

このように、ブランド品とノーブランド品を使い分けるのも賢い方法だと思います。

基本的なルール

続いては、洋服の持ち込みに関しての基本的なルールについて触れていきます。

やはり、きれいな洋服はポイントが高いです。
これは本当に基本中の基本にあたる事柄です。
誰だって汚い洋服よりもきれいな洋服の方が欲しいですよね。
それは店舗側もそうです。
なので、出来れば洗濯やクリーニングをしてから持ち込んだほうがいいでしょう。
これとよく似た理由として、破れていたりボタンが付いていないのもNGですのでご注意ください。

あとは、シーズン物がいいですね。
Tシャツなどの夏物は春夏に、コートなどの冬物は秋冬に持ち込むと、結構いいお金になります。

それ以外だと、スーツやジーンズなどの流行や季節に左右されにくいものは、いつの時代も需要があるので高評価です。


この記事をシェアする