ネット買取と店舗買取を比べてみると

ネットの場合

まずは、インターネットでの洋服の買取サービスを見てみましょう。

メリットは何と言っても、気軽に出来るということですね。
自分がお店に出向いたり、逆に先方に家まで来てもらうという手間が省けます。
さらに意外に思われるかもしれませんが、ネットでの査定は店舗よりも高額になることが多いです。
そしてもし、その提示された金額に納得出来なくても、気軽に断ることが可能です。

デメリットですが、店舗と違い値上げの交渉が難しいということが挙げられます。
また、どの洋服が高く買い取ってくれるのかが、ネット上ではいまいち分かりにくいです。
そして、買取金が直接手渡しではなく振り込みになってしまうので、お金が手元に入るのに時間がかかります(だいたい一週間ほど)。

店舗買取のパターン

次に、店舗での買取の場合のメリットとデメリットを紐解いて行きましょう。

メリットは、高額買取のものがわかりやすいということですね。
どういうことなのかと言うと、店舗の場合はそのお店が推している商品が店内に大々的に置かれているからです。
また、店員さんと直接話せるので、どの商品が高く売れるのかなどの情報収集がしやすいです。
そして、値段の交渉も出来ますし、お金もその場で受け取れます。

デメリットは、流行遅れなどのニーズがない洋服の場合は、買い取ってくれないか買い取ってくれたとしてもかなり安い金額になってしまうということです。
あとは、やはり順番になってしまうので、待ち時間がどうしてもかかってしまうというのもありますね。


この記事をシェアする